低用量ピルの服用方法 | 低用量ピルで確実に避妊を!望まない妊娠は避けましょう

低用量ピルの服用方法

水を汲む

低用量ピルに限らず、薬を服用する際には必ず服用方法を確認しておきましょう。
特に、低用量ピルはきちんと飲まなければ避妊効果が期待できなくなってしまうのです。
低用量ピルで確実に避妊効果を期待するのであれば、定量を飲みきることが必要になります。
そもそも、低用量ピルの働きとしては、徐々に女性ホルモンを投与していくことで生理を起こさせる、というものなのです。
予定日が過ぎても生理が来ないことで、もしかしたら妊娠したかもしれないと疑ったりしますよね?
妊娠中は生理がこないので、逆に言ってしまえば生理を起こさせれば妊娠しないとも言えるのです。
そこで、ピルを生理周期に合わせるように服用するのです。
生理周期はだいたい28日と言われています。その期間に合わせて低用量ピルを服用していきます。
まずは、21日間欠かすことなく服用し続けます。そして最後の7日間は休薬日として一旦服用を中止します。
低用量ピルの種類によっては、休薬期間が明けてから服用するのを忘れてしまわないように、その7日間も効果のない偽薬を服用する場合もあります。
どちらを選ぶかは利用者の自由なので、好きな方を選びましょう。
そして、そのサイクルを続けていくことで避妊効果を期待できるのです。
低用量ピルの服用を続けている間は、避妊効果は継続されます。
なので、今は妊娠したくないな…と思うのであれば服用しておくといいでしょう。
しかし、何度も言っていますが飲み忘れなどが続くなどで、きちんと服用方法を守らなければ、服用していても妊娠することはあります。
毎日確実に決まった時間に決まった量を服用することを徹底しましょう。